地域未来牽引企業

お気軽に
ご連絡ください

■受付時間 8:30~17:30(月~金)(祝祭日除く)

あったらいいなをカタチにします!治具のサワダ 治具設計から対応 / 図面無しの見積りでも歓迎

治具FAQ

治具について

治具と工具の違いは何ですか?

 

工具は、製造において切削や溶接、組立などの工程を行うために使用する道具のことです。

 

クランプやドリル、ドライバーやレンチなどが挙げられます。

 

更に詳細に説明すると、治具と工具は、両方とも製造プロセスにおいて非常に重要な役割を果たすが、それぞれに異なる目的があります。

 

まず、工具は製造作業に必要な手動や電動の機械的な道具です。工具は、金属や木材を切削、研削、穴あけ、組み立てるために使用されます。例えば、ドライバーやハンマー、ドリルやサンダー、レンチやプライヤーなどが工具の代表的な例です。工具は、作業の過程で素材を切削、削除、加工するために使われ、最終的な製品の形状、寸法、仕上げなどを決定するのに重要な役割を果たします。

 

 

一方、治具は、工具とは異なり、製造作業において固定された位置に素材を保持するために使用されます。治具は、製品の寸法や形状を保持し、作業中に部品がずれたり歪んだりしないようにするために使用されます。治具は、金型や溶接装置、切削装置、または組み立てラインなどで使用されることがあります。治具は、工具と比較して、素材を固定するために使用されることが多く、作業の正確性や効率性に重要な役割を果たします。

 

要約すると、工具は素材を切削、研削、穴あけ、組み立てるために使用され、治具は素材を保持するために使用されます。どちらも製造作業に欠かせない道具であり、正確性や効率性を高めるために必要な役割を果たします。

 

 

治具について

よくあるご質問を投稿